【不動産ニュース】中央G開発、「棟下式」全国展開に向けクラファン|R.E.port

2020年12月17日 09時30分
no image
 ポラスグループの中央グリーン開発(株)と、コンテンツ制作などを手掛ける合同会社パッチワークスは、解体前の建物で行なう「棟下式(むねおろしき)」の全国展開を図る。  「棟下式」は、老朽化や建て替えによって解体せざるを得なくなった建物に対して、感謝を示すためにお祓い・祈祷などの儀式や現地での撮影・記録、残置物のリユースなどを行なう取り組み。2017年4月に1回目の棟下式を行なって以来、20年11月までに19件を開催してきた。現在、ポラスグループ各社の用地仕入れや建て替え受注のきっかけとしても採用例が出始めており、実施者やグループ内の評価も良いという。ただ、対応エリアが東京・千葉・埼玉など同...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン