【不動産ニュース】東急不動産と鹿島建設 竹芝の物件にサステナビリティローン|R.E.port

2020年12月25日 09時34分
no image
 東急不動産(株)と鹿島建設(株)は23日、両社で設立した(株)アルベログランデ(東京都中央区)が、金融機関とシンジケーション方式によるサステナビリティローンを契約したと発表した。  アルベログランデは、9月14日に開業した「東京ポートシティ竹芝」(東京都港区)の開発推進を目的に設立された事業会社。  同物件の所在する竹芝地区の開発計画は、国家戦略特別区域計画の特定事業。都有地をアルベログランデが70年間の定期借地により借り受け、同物件の開発・運営を通じて、国際競争力の高いビジネス拠点の整備を進めている。また産業振興や防災対応力強化、エリア回遊性向上によるにぎわい創出などにも取り組んで...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン