【不動産ニュース】住宅金融支援機構 フラット35金利、3ヵ月ぶりに下降|R.E.port

2021年1月6日 09時29分
no image
(独)住宅金融支援機構は4日、取扱金融機関が提供する「フラット35」(買取型)の1月の適用金利を発表した。  借入期間21年以上(融資率9割以下)の金利は、年1.290%(前月比0.02%下降)~年2.060%(同変動なし)。取扱金融機関が提供する金利で最も多い金利(最頻金利)は、年1.290%(同0.02%下降)となり、3ヵ月ぶりの下降となった。  借入期間が20年以下(融資率9割以下)の金利は、年1.200%(同0.02%下降)~年1.970%(同変動なし)。最頻金利は年1.200%(同0.02%下降)で、3ヵ月ぶりの下降となった。  また、フラット50の金利は、融資率9...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン