【不動産ニュース】九州で太陽光発電設備の無償提供サービス/三井ホーム|R.E.port

2021年1月18日 09時09分
no image
 三井ホーム(株)は15日、西部ガス(株)と、太陽光発電設備を無償で提供する新サービス「未来発電G with 西部ガスソーラー」を開始した。  西部ガスの都市ガス供給エリア内で、三井ホームの新築戸建住宅を建設し、家庭用燃料電池「エネファーム」を導入する顧客が対象。設置した住宅には、太陽光発電設備(4kW以上10kW未満)を無償で提供する(設置工事費等は顧客負担)。  顧客は、発電した電気のうち、家庭で使わなかった余剰電力を電力会社に売電。売電した収入は、契約期間(10年間)中は、西部ガスに譲渡し、期間満了後は顧客の収入となる。  同サービスにより、顧客は購入電力量を減らし光熱...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン