【不動産ニュース】コロナ禍の住宅購入、じっくり検討する人が増加|R.E.port

2021年1月19日 09時00分
no image
(株)Housmartは18日、新型コロナウイルス感染症拡大前後におけるエンドユーザーの家探しに対するニーズの変化について、調査結果を公表した。  同社は、資産価値を確認しながら物件探しや内見、購入の相談等が行なえる同社提供のアプリ「カウル」会員の登録情報を基に、首都圏在住の既存マンション購入検討者を対象に、新型コロナウイルス感染症拡大前(2019年4月1日~11月30日、回答者数1万5,718人)と拡大後(20年4月1日~11月30日、回答者数1万4,078人)のデータを比較分析した。  購入の希望時期については、拡大後は「決まっていない」(47.2%)がトップ。拡大前も「決まっ...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン