【不動産ニュース】 社整審、 「住生活基本計画」の見直し案示す|R.E.port

2021年1月19日 09時30分
no image
 国土交通省は18日、社会資本整備審議会住宅宅地分科会(分科会長:中井検裕氏(東京工業大学環境・社会理工学院長))の54回目となる会合をウェブ形式で開催。これまでの議論を踏まえた住生活基本計画見直し案を発表した。  新たな住生活基本計画(全国計画)案の計画期間は、令和3~12年度。働き方改革やコロナ禍を契機とした多様な住まい方・新しい住まい方への関心の高まり、DXの進展、自然災害の頻発・激甚化、子育て世帯の減少と高齢者世帯の増加、空き家の増加といった住生活を巡る現状と課題を踏まえ、「社会環境の変化」「居住者・コミュニティ」「住宅ストック・産業」の3つの視点から、8つの目標を設定。施策を総...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン