【不動産ニュース】神戸三宮に駅一体型の複合ビル/阪急電鉄他|R.E.port

2021年1月29日 09時42分
no image
 阪急電鉄(株)と阪急阪神不動産(株)は27日、開発中の「神戸阪急ビル東館」(神戸市中央区)の建て替えと、隣接する阪急「神戸三宮」駅の高架下店舗のリニューアルについて、施設の名称を「神戸三宮阪急ビル」に決定し、4月26日に開業すると発表した。  阪急「神戸三宮」駅、JR「三ノ宮」駅、神戸市営地下鉄(西神・山手線)「三宮」駅に直結。敷地面積約7,100平方メートル。  「神戸阪急ビル東館」は建て替え後、鉄骨造地上29階地下3階建て、オフィス(4~15階)、ホテル(17~28階)、レストラン(29階)などの複合ビルとなる。延床面積約2万8,850平方メートル。高架下店舗はリニューアル後...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン