【不動産ニュース】在宅勤務でワークスペースのある間取りの志向強く|R.E.port

2021年2月2日 09時24分
no image
 (株)リクルート住まいカンパニーは1日、「2020年 新築分譲マンション購入者意識調査」の結果を発表した。  調査は10月2~9日、1都3県、関西圏、東海圏から新築分譲マンションおよび新築戸建ての購入検討者を男女750人ずつ抽出。並行検討者も新築マンション検討者として分析対象とした。  新築分譲マンション検討者のうち、在宅勤務経験のある人は61.7%。圏域別では、1都3県が64.3%、関西圏58.1%、東海圏51.2%と差がみられた。さらに、在宅勤務で行なう仕事の比率については、「90%以上」という回答が10.6%と1割を超えた。圏域別では1都3県が11.4%、関西圏が8.7%、...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン