【不動産ニュース】郊外住宅地の老朽化問題を検討/JARES|R.E.port

2021年2月8日 09時13分
no image
 (公社)日本不動産学会は、シンポジウム「老朽化する郊外住宅地とエリア再生」を3月11日に開催する。  高度成長以前に整備された郊外住宅地において、住宅の管理不全や空き家化が進展。集合住宅が含まれる場合は建て替えが困難で、空室化と老朽化が進む建物が放置される危険性もある。こうした問題は老朽化する住宅を体系的・総合的にバージョンアップする仕組みが存在しないことに起因するとし、同シンポジウムでは、郊外住宅地を再整備しバージョンアップするための課題の抽出、新しい枠組みづくりと制度の改革に向けて今後対応策や整備手法につなげる道筋を示すことを目的に開催する。  「成熟社会に対応した郊外住宅市...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン