【不動産ニュース】団地再生の実現目指し、産学一体で共同研究|R.E.port

2021年2月10日 09時34分
no image
 九州大学大学院芸術工学研究院、NTTアーバンソリューションズ(株)、西部ガス(株)は8日、都市型集住環境の再構築を目指し、共同研究を開始したと発表した。  国内に5,000近く存在する都市型集合住宅(団地)は、現代の生活スタイルやバリアフリーに対応していないものが多く、時代に即した住環境の再構築が求められている。再構築にあたっては、一般的に「建て替え」や「大規模修繕」等の方法がとられるが、住民の合意形成、知識やノウハウを持った専門家の招集等が必要となるため、実施に至らないまま建物の老朽化や空き家化が進行するケースもある。こうした問題解決のため、3者が蓄積した知見・技術を生かし、住民に寄...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン