【不動産ニュース】早大と共同研究、NEDO事業に採択/ポラス|R.E.port

2021年2月16日 10時18分
no image
 ポラス(株)はこのほど、早稲田大学との共同研究「自然との共生を実現する《Garden City 型》次世代住宅地モデル開発」が、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)「官民による若手研究者発掘支援事業」に採択されたと発表した。  同研究は、早稲田大学総合研究機構 医学を基礎とするまちづくり研究所の所員・山村 崇氏(早稲田大学高等研究所講師)らの研究グループと共同で取り組んでいるもの。両者の基礎技術を結集・統合して、現代的生活ニーズに応えながら、人間居住と自然との共生を実現する「Garden City 型」次世代住宅地モデルの開発を目指している。  「Gard...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン