【不動産ニュース】2回目の宅建試験、合格ラインは36問以上|R.E.port

2021年2月18日 09時23分
no image
 (一財)不動産適正取引推進機構は17日、12月27日に実施した2020年度「宅地建物取引士資格試験」の実施結果を発表した。今年度は新型コロナウイルス感染対策のために、試験実施を2回に分けており、1回目は10月18日に実施した。  11都府県56会場で実施した同試験は、受験者数3万5,258人、受験率は64.0%だった。合格者は4,609人で、合格率は13.1%。合格者の男女内訳は男性2,880人、女性1,729人。合格者のうち登録講習修了者は68人で、合格率は10.7%。  合格判定基準は50問中36問以上正解、登録講習修了者は31問以上正解となった。  なお、2回の試験の...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン