【不動産ニュース】「建築物の水災害対策」の重要性示す|R.E.port

2021年2月19日 09時28分
no image
 政策研究大学院大学と国立研究開発法人建築研究所は17日、オンラインシンポジウム「建築物の水災害対策」を開催した。  近年、水災害の激甚化がみられる中で、高層マンションの受変電設備の冠水によるエレベーターや給水設備等のライフラインが使用不能となる被害、高齢者施設や市街地の広範囲にわたる浸水による甚大な人的被害や建物被害の発生など、建築物における水災害対策が重要となっている。同シンポジウムでは国内外の有識者を集め、建築物の水災害対策をテーマに講演会やパネルディスカッションを開催した。  講演会では、国土交通省住宅局建築物防災対策室長の今村 敬氏が「近年の住宅・建築行政における水害対策...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン