【不動産ニュース】賃貸ネット広告、調査36社の36.1%に「おとり」|R.E.port

2021年2月26日 09時25分
no image
 (公社)首都圏不動産公正取引協議会は25日、第8回「インターネット賃貸広告の一斉調査報告」を公表した。  同協議会のポータルサイト広告適正化部会を構成するアットホーム(株)、(株)CHINTAI、(株)LIFULL、(株)リクルート住まいカンパニーの4社が運営する不動産情報サイトにおいて、2020年11~12月に掲載されていた賃貸住宅広告から、一定のロジックに基づき、契約済みの「おとり広告」の可能性が極めて高い335物件を抽出。これらを掲載していた事業者(36社・43店舗)が調査対象。  335物件のうち41物件(12.2%)が「おとり広告」として認められた。事業者別では、36社...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン