【不動産ニュース】新耐震で8割超が耐震基準満たさず|R.E.port

2021年3月5日 09時49分
no image
 日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協)は4日、木耐協で実施した木造住宅の耐震診断に関する調査結果を発表した。  対象の住宅は、1950~2000年5月に着工した木造在来工法の木造住宅で、2階建て以下。2万7,929棟を調査した。  耐震診断の結果、「倒壊しない」は368件(全体の1.3%)となった。次いで「一応倒壊しない」が2,002件(同7.2%)、「倒壊する可能性がある」が4,715件(同16.9%)、「倒壊する可能性が高い」が2万844件(同74.6%)となり、9割超の住宅が現行の耐震基準を満たしていないことが分かった。耐震補強工事の平均施工金額は167万7,421円...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン