【不動産ニュース】旭化成のIoT防災情報システム、7月試験運用開始|R.E.port

2021年3月8日 09時44分
no image
 旭化成(株)、旭化成ホームズ(株)、国立研究開発法人防災科学研究所(防災科研)は5日、「IoT防災情報システム LONGLIFE AEDGiS(ロングライフイージス)」に必要な地震計を、東京23区内166棟の同社が施工した既存戸建てに設置したと発表した。  ロングライフイージスは、旭化成グループが開発を進めているもので、地震計で取得する地震動観測データと、防災科研の知見を生かして整備した高密度な地盤データベース、そして地震動伝達に関する高速演算手法を組み合わせたシステム。地震発生後10分~2時間程度で周辺エリアすべてのヘーベルハウス・メゾンの個別の建物被害レベルや液状化発生状況を推定で...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン