【不動産ニュース】調布にCLT構造初採用の音楽ホール/住友林業|R.E.port

2021年3月24日 09時41分
no image
 住友林業(株)は22日、前田建設工業(株)と共同企業体(JV)で参画した桐朋学園大学仙川キャンパス第二期工事となる音楽ホール「桐朋学園宗次ホール」(東京都調布市)の竣工を発表した。  木造3階・一部鉄筋コンクリート造地下1階建て、建築面積1,340.02平方メートル、延床面積2,392.59平方メートル。  基本設計・監修は隈研吾建築都市設計事務所。国土交通省「サステナブル建築物等先導モデル事業」に採択された。音楽ホールとして、CLT(直交集成板)を構造材に初めて採用。木質感あふれるホールに仕上げた。外観は、楽器の弦をイメージする木製ルーバーで囲むデザインを採用。フルオーケストラ...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン