【不動産ニュース】JR九州、シェアオフィス・コワーキング事業に参入|R.E.port

2021年3月29日 10時09分
no image
 九州旅客鉄道(株)は24日、シェアオフィス・コワーキングスペース事業への参入を発表した。  2019年、同社の新規事業提案制度で提案が採用され、事業化に向けての検討が進められてきたもの。「駅を拠点としたまちの価値の向上」を目指し、オフィス分野の新たな事業形態を創出。JR九州グループとスタートアップ企業との共創機会の創出も行なっていく。  第1号施設「Q(キュー)」(福岡市博多区)は、「博多」駅複合ビル「JR博多シティ」内の商業施設「アミュプラザ博多」に開設する。施設面積は571.18平方メートル。シェアオフィス(32ブース、月額4万円~)、コワーキングスペース(約60席、月額2万...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン