【不動産ニュース】三井不動産、タイでグループ初の海外物流施設を着工|R.E.port

2021年4月8日 09時37分
no image
 三井不動産(株)は7日、タイ・バンコク東部で推進する物流施設「(仮称)バンパコン物流施設計画」の第1期部分を着工したと発表した。  タイ三井不動産(株)を通じて展開する、同社グループ初の海外における物流施設事業。共同事業者は多数の物流施設開発に実績のあるタイの上場ディベロッパーの子会社「Frasers Property Industrial(Thailand)Company Limited」で、三井不動産グループの事業シェアは49%。  開発地はバンコク中心から約60kmのチェチェン県バンパコン。第1~4期分までの倉庫全8棟からなる計画。全体の敷地面積は約29万9,000平方メ...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン