【不動産ニュース】東急不Gと凸版、ワーケーション普及に向け実証実験|R.E.port

2021年4月23日 09時44分
no image
 東急不動産(株)、東急リゾーツ&ステイ(株)、凸版印刷(株)の3社は、ワーケーションをしながら個々人にパフォーマンス向上方法を試し、確認・実践できるプログラムの実証実験を5月17日より開始する。  コロナ禍を機に新たな働き方としてワーケーションの導入検討が進んでいる一方、実際の労働生産性に与える効果のエビデンスは少なく、制度の整備や普及が進んでいない。  そこで同実証実験では、凸版印刷の顧問である、ハーバード大学医学部客員教授の根来秀行氏監修のもと開発したパフォーマンスを高める24時間の過ごし方のプログラムを、東急不動産グループが運営する全国のホテルで実施する。  ワーケーショ...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン