【不動産ニュース】不動産開発事業が好調/フージャース21年3月期|R.E.port

2021年5月17日 09時22分
no image
(株)フージャースホールディングスは13日、2021年3月期決算(連結)を発表した。  当期(20年4月1日~21年3月31日)は、売上高802億2,200万円(前期比5.9%減)、営業利益54億3,500万円(同18.8%減)、経常利益46億1,600万円(同16.3%減)、当期純利益28億7,800万円(同939.3%増)。主力の分譲マンションおよび分譲戸建事業において販売が順調に推移したことに加え、売上原価や販売費等が減少したため、前回発表予想値を上回る結果となった。  主力の不動産開発事業では、マンション1,272戸、戸建住宅125戸を引き渡し、売上高553億1,500万円...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン