【不動産ニュース】コロナ禍で最終赤字/サンケイB21年3月期|R.E.port

2021年5月18日 09時53分
no image
 (株)サンケイビルは17日、2021年3月期決算(連結)を発表した。  当期(20年4月1日~21年3月31日)は売上高764億3,300万円(前期比34.3%減)、営業利益29億1,900万円(同78.5%減)、経常利益21億5,300万円(同83.0%減)、当期純損失86億9,000万円(同純利益149億4,500万円)となった。  当期は、新型コロナウイルス感染症拡大による(株)グランビスタホテル&リゾートの各施設が休業や稼働率低下を強いられた。また、商業施設やホテル棟で固定資産の減損損失を計上したことで、最終赤字となった。  ビル事業では、コロナ禍の影響はあったもの...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン