【ニュースな物件】清澄通り沿いに53階建て再開発「豊海地区第一種市街地再開発事業」

2021年6月5日 07時30分
no image
 三井不動産レジデンシャル(株)、東急不動産(株)、東京建物(株)、野村不動産(株)、三菱地所レジデンス(株)、清水建設(株)により進められている再開発「豊海地区第一種市街地再開発事業」が東京都知事より権利変換計画許可を得たと24日発表された。都営大江戸線勝どき駅より西へ徒歩7分の清澄通り沿いの場所、約2.0haの敷地で計画されている。  共同住宅(総戸数2,077戸)、店舗、区民館、診療所、保育園などで構成されている地上53階地下1階建ての複合施設となる。東京湾沿いでもあるため防潮堤を新設するほか、歩道状空地や広場を整備する計画も盛り込まれている。今年9月解体ということもあり、計画地に...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン