【不動産ニュース】住林、森林管理コンサル事業に向け協業|R.E.port

2021年6月22日 08時13分
no image
 住友林業(株)と(株)IHIは18日、「森林管理コンサルティング事業」と「自然資本の価値を最大化する持続可能なビジネスの開発」に向けた業務提携契約を締結した。  今回の提携は、 世界的に問題となっている熱帯泥炭地での泥炭火災や大気中への炭素放出に対応するのが目的。熱帯泥炭地の土壌は大部分の水と、樹木などが枯れても腐らずに堆積した有機物で構成している。 水位が下がり、乾燥する燃えやすく泥炭火災の一因となっている。  住友林業はインドネシアの泥炭地で植林事業を実施し、泥炭火災を防ぐ管理技術を確立。また同国で管理する10万ha以上の森林で樹木や泥炭土壌に関する地上データを蓄積してきた。IH...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン