【不動産ニュース】ARES 固定資産税の課税標準額の据え置き等を要望|R.E.port

2021年7月16日 11時00分
no image
 (一社)不動産証券化協会(ARES)は14日、第121回理事会を開催。「令和4年度税制改正要望」等を決定した。  リート等が継続して行なっている、コロナ禍の被害を受けたテナントからの賃料減額や支払い猶予の要請に対する対応を支援するとともに、コロナ禍による苦境からの脱却を支えるために、「令和4年度税制改正要望」では(1)固定資産税・都市計画税の負担調整措置の拡充、(2)投資法人、特定目的会社においてテナントの賃料の支払猶予を行なった場合における導管性要件の緩和をはじめとする税制上の手当てを要望。  また、ポストコロナ時代における日本経済の再活性化を見据え、投資法人の利益概念に係る所...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン