【不動産ニュース】コンクリートへの廃プラ固定化技術、米MITと共同開発|by @Press

2021年7月18日 09時00分
no image
會澤高圧とMiConテクノロジーがJDA締結  脱炭素と廃プラリサイクルを同時に実現へ 會澤高圧コンクリート株式会社(本社:北海道苫小牧市、代表取締役社長:會澤 祥弘)は、米マサチューセッツ工科大学(MIT)の基礎研究から生まれたプラスチック改質技術を応用し、改質プラスチック廃棄物(改質廃プラ)をコンクリート内部に固定化することで、廃プラの大量リサイクルとコンクリートの低炭素化を同時に進める新たなスマートマテリアル事業に参入します。MITのスタートアップであるMiConテクノロジー(米マサチューセッツ州ケンブリッジ市)と5月1日、共同開発契約(JDA)を締結し、移動式の廃プラ改質装置やリ...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン