【不動産ニュース】UUR、札幌で高齢者向け住宅を開発|R.E.port

2021年7月19日 09時42分
no image
 ユナイテッド・アーバン投資法人は15日、札幌市中央区での高齢者向け住宅開発プロジェクトを発表した。同投資法人が事業主となって開発する初の高齢者向け住宅となる。  開発地は札幌市営地下鉄「西28丁目」駅より徒歩9分。敷地面積は1,441.46平方メートル。個人から取得し、取得価格は3億7,000万円。建設予定の高齢者向け住宅は総戸数62戸。鉄筋コンクリート造5階建て、延床面積3,914.73平方メートル。土地価格を除いた建築コスト総額約12億円。想定NOI利回りは5.8%を見込む。  2022年4月に着工し、23年5月に竣工する予定。なお、プロジェクトマネジメントは丸紅(株)に委託...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン