【不動産ニュース】JR北海道、帯広のホテルをサ高住に転用|R.E.port

2021年7月19日 09時50分
no image
 北海道旅客鉄道(株)(JR北海道)は14日、2011年に開業した宿泊特化型ホテル「JRイン北海道」(北海道帯広市、総客室数137室)を改修し、サービス付き高齢者向け住宅「(仮称)ブランJR帯広駅前」(総戸数49戸)に業態変更すると発表した。  同ホテルは、00年1月に「ホテルヒーロー」として開業。のちにJR北海道が取得している。築21年を経過し、建物・設備の老朽化を課題として、アフターコロナを見据えた将来像を検討したところ、中長期的な安定需要が見込めるサ高住に業態変更することが望ましいと結論付けた。  JR「帯広」駅前に立地し、敷地面積は約1,091平方メートル。鉄骨鉄筋コンクリ...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン