【不動産ニュース】 住友林業 心理療法における「木」の効果を検証|R.E.port

2021年7月20日 09時30分
no image
 住友林業(株)とBrainEnergy(株)、東京慈恵会医科大学は19日、うつ病に対する木の効果の解明研究を開始すると発表した。  3者は、2020年11月に「木質内装建材や木の香りにより構築された治療環境が精神・心理療法の効果に与える影響」に関する共同研究で合意。研究方法や治療環境の仕様の検討を進めてきた。  近年、精神疾患が増加傾向にあり、「うつ病」は社会問題の一つとなっている。薬物療法で効果が得られるものの、「軽症うつ病」では必ずしも薬物療法の実証度は高くなく、また、うつ病の回復期では認知行動療法等の心理療法が有効とされている。  その中で、植物や木材といった自然の要素に...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン