【不動産ニュース】大東建託 水害対策に特化した賃貸住宅を開発|R.E.port

2021年9月7日 09時06分
no image
 大東建託(株)はこのほど、水害対策に特化した災害配慮型賃貸住宅の新商品「ぼ・く・ラボ賃貸住宅」の開発に着手したと発表した。  同社は2018年に“防災と暮らしの研究室「ぼ・く・ラボ」”を開設。人と人、人と地域をつなぐネットワークを構築するために、支援物資や給電設備等を備えた「ぼ・く・ラボステーション」の配置や、地域活性化につながる防災イベントの開催等を行なってきた。  今回、ぼ・く・ラボ、建築事務所「Eureka」の稲垣淳哉氏、防災のスペシャリストであるNPO法人「プラス・アーツ」の永田宏和氏で協力し、生活の質を確保しながら防災機能が備わっている賃貸住宅を開発する。  開発商品...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン