【不動産ニュース】プレイスメイキングの進め方等、とりまとめ内容を更新|R.E.port

2021年9月15日 09時30分
no image
(独)都市再生機構(UR都市機構)は、かねてより「プレイスメイキング」の考えを取り入れた公共空間をつくる手法を整理し、中間とりまとめとして作成・公開しているが、この中間とりまとめの内容を更新。14日にその内容を公開した。  UR都市機構は「プレイスメイキング」を、ひとの欲求やひとの活動から公共空間のあり方を考え、「居心地がよく、使われる公共空間をつくる」手法と定義。この考えを取り入れたまちづくりを実践している。具体的には、誰もが自由に利用できる公園や駅前広場といった公共空間を、ユーザー目線に立って、居心地よく、使われやすい空間づくりを実施。このことで、他者やまちとのかかわりが生まれるよう...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン