【不動産ニュース】既存ビルでのDXを推進/東京建物、ビットキー|R.E.port

2021年9月16日 09時39分
no image
 (株)ビットキーは、ニューノーマルに対応する新しい働き方の実践場として、同社が開発したデジタルコネクトプラットフォーム「workhub(ワークハブ)」を、東京建物(株)が保有するオフィスビル「東京スクエアガーデン」(東京都中央区)内の同社新オフィスおよび共用部に導入。15日、報道陣に公開した。  「workhub」は、認証・認可、ID連携等を独自に組み合わせてつなぐ技術を活用し、オフィスや工場、店舗などの働く空間において、既存の設備やテナント企業が導入済みのITシステムなどをつなげることで、新しい働き方を支援する。例えば、利用者がスマートフォンでworkhub にアクセスすれば、提供事...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン