【不動産ニュース】近畿圏既存マンション、成約件数は5四半期ぶり減少|R.E.port

2021年10月20日 09時15分
no image
 (公社)近畿圏不動産流通機構は18日、2021年7~9月期における近畿圏2府4県の不動産流通市場の動向を発表した。  既存(中古)マンション成約件数は3,847件(前年同期比13.2%減)と、5四半期ぶりに減少。17年同期の水準まで後退した。新規登録件数は1万4,563件(同9.5%減)で、5四半期連続の減少。成約価格は2,479万円(同4.7%上昇)と、5四半期連続で上昇。新規登録価格は2,540万円(同2.9%上昇)と、15四半期連続で前年同期を上回った。  成約・新規登録件数ともに減少が目立つ一方、成約・新規登録価格の上昇傾向に変化はなく、高額物件を中心に取引が行なわれている。...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン