【不動産ニュース】東洋ハウジング 国土交通省サステナブル建築物等先導事業採択 「東洋木のまちプロジェクト(高層棟)」始動  ~CLTパネル工法初の14層木造、地上15階建てを建設~ by @Press

2021年11月1日 13時30分
no image
株式会社 東洋ハウジング(本社:千葉県鎌ケ谷市、代表取締役社長:西峰 秀一)は、国土交通省サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)の採択を受け、世界発のCLTパネル工法を14層で用いた地上15階建ての店舗・事務所併用の高層共同住宅を建設するプロジェクト「東洋木のまちプロジェクト(高層棟)」を始動いたしましたことをお知らせいたします。 事業主体兼施工者は地域に根差した小規模工務店であり、今後の木造高層建築の可能性を提案いたします。また、施工中などの見学会も企画しており、皆さまのご来場をお待ちしています。 ■「東洋木のまちプロジェクト(高層棟)」のポイント ・木造建築初...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン