【不動産ニュース】シェアがコンセプトの大型分譲住宅、販売好調|R.E.port

2021年11月16日 09時37分
no image
ポラスグループの中央グリーン開発(株)は12日、分譲地「グランマーレ船橋二和向台 カームライフ」(千葉県船橋市、全62棟)の第6期販売を開始した。  新京成線「二和向台」駅徒歩8分に立地。雨水貯留施設を地下に設置し、空いたスペースを公園として整備。一般的な調整池と比較してコンクリート量や土の搬出量などの大幅な削減を実現した。公園に隣接した緑道も設け、各所にベンチも用意し、同分譲住宅の入居者や近隣住民の憩いの場としていく。なお、公園や緑道の保有者は船橋市。  同分譲地では、シェアをコンセプトに設定。オーナーから敷地を拠出してもらう形で、共用の散策路を設け、防災ベンチも設置した。敷地内...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン