【不動産ニュース】阪急阪神不 30年度までに全マンションをZEH化|R.E.port

2021年11月25日 09時23分
no image
 阪急阪神不動産(株)は22日、同社が開発する分譲マンション「ジオ」の商品企画プロジェクトをリニューアル。全物件で「ZEH-M Oriented」を実現すると発表した。  同社は2008年より、顧客の要望を集めて検証し、商品企画に反映するサイクル型プロジェクト「geo fit +」をスタート。リニューアルに当たり、住宅に求められる要素を「itsumo(いつも)」(快適さ・便利さ)、「tsunagu(つなぐ)」(持続可能性)、「mamoru(まもる)」(安心・安全)という3つのカテゴリーに分け、持続可能な暮らし・まちづくりを求めるユーザーにきめ細かく対応する。  また同取り組みを通じ、3...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン