【不動産ニュース】日本エスコン 3Dプリンター活用した住宅開発を推進|R.E.port

2021年12月27日 09時28分
no image
(株)日本エスコンは24日、3Dプリンターを活用した住宅・建物の開発機会の創出を目的に、セレンディクス(株)(兵庫県西宮市、代表取締役:小間裕康氏)と業務提携した。  3Dプリンターを用いた建物の開発は、建築コストや人件費の削減、工期短縮などの観点から、次世代の開発手法として注目されている。また建築資材の無駄も少なくなり、サステナブル住宅実現に向けても貢献ができる。  セレンディクスは、「30坪・総額300万円以下」「世界一の耐震性・強風に強い家」「工期24時間」をコンセプトに、日本発の3Dプリンターによる住宅「Sphere(スフィア)」の開発を目指している。日本エスコンは同社に出...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン