【不動産ニュース】戸塚の戸建団地、コロナ禍も追い風に販売加速|R.E.port

2021年12月27日 09時31分
no image
 リストグループが2017年から販売してきた戸建分譲住宅地「リストガーデン nococo-town(ノココタウン)」(横浜市戸塚区、総戸数160戸)が15日に竣工した。コロナ禍による需要増も追い風となり、23日現在、残り15戸まで販売が完了した。  同物件は、JR東海道線他「戸塚」駅バス14分バス停徒歩3分に立地。約2万7,000平方メートルの建設地は、自動車関連企業の工場跡地で、12年に取得。同社の分譲戸建てでは、過去最大規模の開発。  当初から省エネ性、レジリエンス性、コミュニティに注力した「エコタウン」として開発が進められてきた。省エネ基準の強化を見越し、全戸に太陽光発電パネ...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン