【不動産ニュース】シャワーユニット導入で賃貸マンションの居室空間を拡大|R.E.port

2022年1月12日 09時15分
no image
 三菱地所レジデンス(株)は、推進している賃貸マンションにおける住宅設備見直しによる空間創出プロジェクトを「Roomot(ルーモット)」と命名し、アイテムをシリーズ化して展開すると発表した。  同社は、2021年6月に、洗面化粧台にキッチンを合体させた水回り住設機器「MIXINK(ミキシンク)」を開発し、賃貸マンション「ザ・パークハビオ」に導入。今回、「MIXINK」を第1弾(Roomot MIXINK)とし、それに続く第2弾として、「Roomot Shower」を開発。全面タイル張りのシャワーユニットで、浴槽をなくし、その分の生活スペースを創出する。  「ザ・パークハビオ亀戸」(...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン