【不動産ニュース】 不動産鑑定評価におけるBIMの有用性を示す|R.E.port

2022年1月25日 09時12分
no image
 (株)スターツ総合研究所およびスターツアセットマネジメント(株)は24日、(一財)日本不動産研究所(JREI)と共に進めてきた、BIM(Building Information Modeling)データの不動産鑑定評価における有用性についての共同実験の結果を発表した。  スターツグループでは事業計画・設計・施工・維持管理といった建物のライフサイクルを一貫してマネジメントできる「BIM-FM PLATFORM」を構築しているほか、ソリューションメニューの開発も推進している。その中でもBIMを活用した「建物の資産価値の判定手法の開発」は、今後BIMによるサービスを拡大していくためにも必須で...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン