【不動産ニュース】建物のCO2排出量見える化の取り組みを加速|R.E.port

2022年1月28日 09時16分
no image
 住友林業(株)は27日、フィンランド・ヘルシンキのOne Click LCA社が提供する、建物のCO2排出量見える化ソフトウェア「One Click LCA」について、日本単独代理店契約を締結したと発表した。  「One Click LCA」は欧州を中心に130ヵ国で利用され、ISOや欧州規格を含めた世界の50種類以上の環境認証に対応。ライフサイクル全体での環境境荷を評価するライフサイクルアセスメント(LCA)を通じて、建設にかかる原材料調達から加工、輸送、建設、廃棄時のCO2排出量(エンボディード・カーボン)等を算定することができる。  欧州各国ではエンボディード・カーボンの見...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン