【不動産ニュース】地所他 インドネシアで分譲型SA・ホテル開発|R.E.port

2022年1月28日 09時21分
no image
 三菱地所(株)と(株)ホテルオークラは26日、分譲型サービスアパートメント・ホテル開発「(仮称)オークラレジデンス ジャカルタ/ホテルオークラジャカルタ」(ジャカルタ、総戸数353戸、客室数181室)を始動したと発表した。  三菱地所は、インドネシアの現地ディベロッパーDuta Putra Land(DPL社)およびRizki Bukit Abadi(RBA社)と共同で、首都ジャカルタ特別州中心部で分譲型サービスアパートメント・ホテル開発事業を推進している。このほどホテルオークラが、同事業推進会社のPT Bima Sarana Perkasaと、サービスアパートメントとホテルの運営管理...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン