【不動産ニュース】東京23区のオールグレード空室率は3.9%|R.E.port

2022年1月28日 09時26分
no image
 シービーアールイー(株)(CBRE)は27日、2021年第4四半期の全国13都市オフィスビル市場動向調査の結果を発表した。  東京(23区)のオールグレード空室率は3.9%(前期比0.3ポイント上昇)。二次空室や減床などによるまとまった空室が発生した一方、比較的大型の拡張や立地改善移転などが増加。グレードの高いビルを中心に空室消化が進んだ。オールグレード賃料は1坪当たり2万1,910円(同0.9%下落)。23年の大型供給を前に、グレードが高いほど需要獲得のための賃料調整が進んだ。  グレードA(※)の空室率は2.5%(同0.1ポイント上昇)、賃料は3万5,400円(同1.7%下落)。...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン