【不動産ニュース】旭化成ホームズ 災害時無人対応システムの運用を開始|R.E.port

2022年2月1日 09時18分
no image
 旭化成ホームズ(株)は28日、災害時無人対応システム「災害 BOT(仮称)」の運用を、2月1日より開始すると発表した。  会員制ネットクラブ「HEBELIAN NET.」登録者が、一定条件以上の風・水・ 地震等の自然災害に遭遇した場合、発災直後(5~180分後)と12時間経過後の2回にわたり、自動でお見舞いメールを送信する。災害時の混乱期に顧客に「つながる安心」を確保し、レジリエンスを強化することが目的。  お見舞いメールで、ガスメーター復旧法や停電時の太陽光発電設備からの電気供給方法についてなど、災害時に必要な代表的処置について案内する。気象庁発表の震度や津波情報を、顧客の居住...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン