【不動産ニュース】国土交通省 新設住宅着工、5年ぶりに増加|R.E.port

2022年2月1日 10時41分
no image
 国土交通省は31日、2021年通年および21年12月の建築着工統計を公表した。  同年の新設住宅着工戸数は85万6,484戸(前年比5.0%増)と、5年ぶりに増加した。新設住宅着工床面積は7,066万6,000平方メートル(同6.3%増)で、こちらも5年ぶりに増加した。  利用関係別では、持家が28万5,575戸(同9.4%増)と2年ぶりに増加。貸家は32万1,376戸(同4.8%増)で4年ぶりに増加。分譲住宅は24万3,944戸(同1.5%増)で2年ぶりに増加した。このうちマンションは、10万1,292戸(同6.1%減)で2年連続の減少、一戸建住宅は14万1,094戸(同7.9...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン