【不動産ニュース】 プロロジス、東京・押上で既存施設を都市型物流施設に|R.E.port

2022年2月3日 09時09分
no image
 プロロジスは1日、都市型物流施設「プロロジスアーバン東京押上1」(東京都墨田区)を開発すると発表した。同シリーズ5棟目。  京成電鉄・都営地下鉄など「押上」駅徒歩5分に立地。首都高速6号向島線「向島」出入口から約1.2kmと、都内全域へのアクセス利便性も良好。車で5分圏内に約5万人が居住しており、周辺商業施設への店舗間配送や、城東・城北エリアへの即日配送やラストワンマイル拠点に適した立地となる。敷地面積は約2,433平方メートル、延床面積は約6,925平方メートル。既存の地上5階地下1階建ての施設をマルチテナント型に改修する。2月よりリノベーション工事に着手し、夏ごろに完成する予定。 ...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン