【不動産ニュース】三菱地所・東急不他、京都で次世代基幹物流施設|R.E.port

2022年2月7日 09時37分
no image
 三菱地所(株)と東急不動産(株)は3日、京都府城陽市東部丘陵地青谷先行整備地区内での「次世代基幹物流施設」の開発計画を始動したと発表した。  同計画は、貨物輸送需要の増大、深刻なトラックドライバー不足といった物流業界における課題解決に向け、完全自動運転や後続車無人隊列走行の受け入れを可能とした、高速道路直結の次世代物流施設を開発するもの。三菱地所が施行予定者として土地区画整理事業を実施。2025年に建物を着工、26年に竣工する予定。  計画地は、新名神高速道路で建設が進む「宇治田原」IC(仮称)近く、敷地面積は約11万9,000平方メートル。延床面積約27万7,000平方メートル...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン