【不動産ニュース】セカンドオピニオン業務、賃貸営業の資格創設等を提言|R.E.port

2022年2月21日 09時00分
no image
 不動産流通業従業者の啓発・育成などの事業に取り組む (一社)不動産流通プロフェッショナル協会(代表理事:真鍋茂彦氏)はこのほど、(公財)不動産流通推進センターの丸尾 浩常務理事に政策提言を行なった。  提言の内容は、不動産コンサルティングマスター・宅建マイスターの更新要件強化とその具体策として提案業務の実績報告の必須化、宅建マイスターについて上級宅建士としてのポジションを確立するためのセカンドオピニオン業務の導入、賃貸営業の資格創設、不動産流通においてしばしば使われる賃貸の空室率・収益物件の利回りといった用語や数値の定義の共通化、不動産コンサルティングマスター、宅建マイスター向けの情報...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン