【不動産ニュース】既存M相場価格、首都圏はコロナ禍初期から17%上昇|R.E.port

2022年3月2日 09時26分
no image
 東京カンテイ(株)は1日、三大都市圏における既存マンションの「相場価格」の推移を分析したレポートを公表した。  同社のデータベースより、築5~15年、最寄り駅から徒歩15分以内のマンションから、年間の流通事例数が3戸以上もしくは総戸数の2%以上ある物件を抽出。個別の取引事例を独自ロジックで品質調整を行なってその平均価格を「相場価格」とし、その推移を分析している。  首都圏では、2021年下期(7~12月)の相場価格は284万7,000円(前期比8.2%増)となった。18期連続の上昇で、上昇幅も近年では最大となった。新型コロナウイルス感染拡大初期となる20年上期(1~6月)と比較す...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン