【不動産ニュース】首都圏企業、オフィス環境・運用体制考える割合増|R.E.port

2022年3月4日 08時59分
no image
 (株)ザイマックス不動産総合研究所は3日、「働き方とワークプレイスに関する首都圏企業調査」(2022年1月)の結果を発表した。20年8月から調査しているもので、今回で5回目。22年1月27日~2月6日に、首都圏の企業を対象に調査した。有効回答数は266社。  オフィスの利用状況では、9割近くの企業が出社率を制限しており、「100%(完全出社)」は11.3%と約1割にとどまった。平均値は57.4%。在宅勤務は、86.1%が「導入している」としたが、過去の調査と比較しても大きな差は見られなかった。サテライトオフィスの状況は、「導入している」企業が38.3%と、全体の約4割を占めた。 ...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン